せどりとは?僕の実績と稼ぐ仕組みについて

せどりの実績

僕がせどりを始めたのは、2016年の6月からで

  • 1ヶ月目⇒月商0円
  • 2ヶ月目⇒月商65万円
  • 3ヶ月目⇒月商153万円
  • 4ヶ月目⇒月商261万円

その後、月商505万円

を達成することが出来ました。

1ヶ月目は、何から始めて良いかわかりませんでしたが

コツをつかんでからは、

しっかりとしたノウハウを元に着実に仕入れを積み重ねて

ある程度の月商まで成長させることが出来ました。

 

そもそもせどりって何?

せどりは、基本的にECサイト間で価格差がある商品を

安いところから仕入れて、高いところで売る

差益を抜いていく商売になります。

 

具体的な商品で説明すると

皆さんが普通に買い物しに行くようなビックカメラで

松任谷由実さんのCDが、3599円で売っていました。

 

全く同じ商品ですが、Amazonでは9680円で売れています。

 

ビックカメラで仕入れて、Amazonで販売すれば

Amazonの販売手数料を差し引いても

利益 4452円

利益率 46%

になります。

 

さらに楽天ではポイントが最大11倍もらえますので

獲得したポイントだけで生活しているという猛者もいます(笑)

 

しかもこの商品は、ふじもんが開発した

『モノゾン』という月間販売個数カウントツールを使うと

月39個売れていることがわかりますので

全部仕入れることが出来れば

1個利益4452円 × 39個 = 17万3628円

が1ヶ月の利益になります。

 

たった1商品だけでもこんなに美味しい思いが

出来るのがせどりの良いところですね。

 

販売先はAmazonだけではない

先ほどの例では、だれもが使う量販店からAmazonで販売する例を挙げましたが

価格差が開いていればどこでも稼ぐことが出来ます。

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • Yahooショッピング
  • Amazon.com(輸出)
  • 業者に買い取ってもらう

など、売り先はいくらでもあるんです。

 

販売先や商品ジャンル毎に

「どうやって仕入れるのが効率的なのか?」

というノウハウがありますので

それを身に着けていくことがせどり上達のカギになります。

 

初心者時代

ふじもんがはじめたせどりは、

『店舗せどり』というジャンルで、

実際に

  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ソフマップ
  • コジマ電気
  • ノジマデンキ
  • トイザらス
  • ドン・キホーテ

などにふらっと立ち寄って仕入れする

というせどりスタイルをやっていました。

 

店舗にはいろんな商品があるので

どのコーナーから調べれば良いのかわからなかったので

すぐに店舗せどりのプロにコンサルしてもらうことにしました。

 

ふじもんのせどりの師匠は

店舗せどりで月商1300万円を上げた御方です。

 

しかも1人で、副業です。

 

店舗せどりはどうしても肉体労働が伴うので

相当頑張った結果なのだと思いますが

頑張って月商1300万円が手に入るんだったら

やる価値ありますよね?

 

自己紹介のページでも解説したように

再現性のある実績こそが

アフィリエイトで最強の武器になるのです。

 

ふじもんは、師匠からコンサルを受けて

当日に20万円仕入れ(利益率20%)

その3日後には44万円仕入れ(利益率18%)

と完全に店舗せどりのコツをつかむことが出来ました。

 

せどりは情報戦

ふじもんはコンサルを受けたことをきっかけに

せどりで稼げるようになったわけですが、

これは誰にでも出来ることなんです。

 

あの店舗のこのコーナーには値下げ品がいっぱいある

とか

このセールは絶対言っておいた方が良い

とか

「1つのノウハウを知っているか/知らないか」

たったそれだけで結果が変わるのがせどりです。

 

俗にいう『パワーせどらー』という

せどりで大金を稼いでいる人達は

本物の稼げるノウハウを数多く使いこなしているだけなんです。

 

中身は、あなたと何ら変わらない普通の人です。

 

店舗から電脳へ

店舗である程度せどりが出来るようになってきたふじもんは、

本業の「プログラマー」という強みを生かして

電脳せどり=主にECサイトから仕入れる

せどりスタイルに移行して行きました。

 

というか、なんで店舗せどりをやっていたかというと

本業でパソコンとにらめっこしながら仕事しているのに

副業までパソコンで仕事したくなかったんですよね(笑)

 

大手ECモールや量販ECサイトの在庫をすべて解析して

Amazonとの価格差が出る商品だけを抽出するツール

『ZENTO(ゼントー)』を開発したり、

様々なせどりツールを開発することで

せどりに必要な時間を1日30分程度まで圧縮することが出来ました。

 

どんどん月商を増やしていく、という方向性もあったのですが

これ以上忙しくなっても辛いので

仕入れきれなかった商品はメルマガ読者さんに提供したり

ツールだけを提供したりしています。

 

中には未経験からふじもんのツールを使って

月商1000万円を達成してしまった人まで出てきました。

 

せどりは錬金術

せどりは、一度「商品」という形を通して

お金⇒商品⇒お金

お金を生み出す錬金術のような稼ぎ方です。

 

しかも、その後アフィリエイトをすることで

ノウハウ⇒お金

という形で、新たな収入を生み出すことも出来ます。

 

中には、

アフィリエイトで稼ぐ為にせどりを始める

という人たちまでいます。

 

それだけ、せどりという仕組みは簡単に始められる割に

リターンが大きいビジネスということですね。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です