コンテンツスカウターZの評判とキーワードスカウターSTとの違いは?

アフィリエイトで稼ぐためにはサイトやブログにアクセスを集める必要があります。

 

現在のSEOでは、検索エンジンに評価され、上位表示させてアクセスを集めるためには

ユーザーが本当に求めている「優良な情報」を、できるだけ多くの文字数で、

しっかりまとめた内容のコンテンツを書く必要があります。

 

このようなコンテンツをたくさんアップすることで、サイトの内容が充実し、

狙ったコンテンツでの検索エンジンからの評価をアップさせることができます。

 

コンテンツスカウターZはアクセスアップする為の優良なコンテンツを書くために

役立つツールです。

 

この記事ではコンテンツスカウターZと、比較対象となるキーワードスカウターSTとの

違いについて詳しく紹介します。

 

キーワードスカウターSTとは?

引用元:http://ctw-service.net/product/kss/top.php

 

キーワードスカウターST

 

キーワードスカウターSTはコンテンツスカウターZと同じ

株式会社Catch the webから発売されているSEOに役立つツールです。

 

キーワードスカウターSTではアフィリエイトで稼ぎやすい「お宝キーワード」を

リサーチするのに役立つツールです。

 

キーワードスカウターSTはコンテンツスカウターZより先に発表されたため、

機能面ではコンテンツスカウターZよりも簡潔な印象を受けます。

 

キーワードスカウターSTの主な機能は以下の通りです。

 

・PC、スマートフォンの月間検索数、PPC広告のクリック単価表示

・キーワード拡張機能

・キーワード解析機能

・上位サイト分析機能

 

キーワードスカウターSTのそれぞれの機能を

コンテンツスカウターZの機能と比較しながら紹介します。

 

コンテンツスカウターZとは?

引用元:http://cwapromotion.net/csz/lp/infotop/

 

コンテンツスカウターZ

 

コンテンツスカウターZは株式会社Catch the webから発売されているSEOに役立つツールです。

コンテンツスカウターZは優良なコンテンツを書いてサイトにアクセスを集める

「コンテンツSEO」に特化したツールです。

 

コンテンツスカウターZを利用すれば、アフィリエイトで稼ぎやすいキーワードを

リサーチするだけでなく、上位表示されているサイトを詳しく分析することができます。

 

その結果、ライバルサイトを超えて上位表示されるコンテンツを作成しやすくなります。

 

コンテンツスカウターZの機能は?

コンテンツスカウターZには以下の5つの機能があります。

 

・キーワード解析機能

・見出し解析機能

・共起語解析機能

・タグ解析機能

・検索エンジン順位チェック機能

 

それぞれの機能についてキーワードスカウターSTと比較しながら順番に紹介していきます。

 

コンテンツスカウターZのキーワード解析機能

コンテンツスカウターZのキーワード解析機能では、指定したキーワードを入力すると

一瞬で複合キーワードを検出してくれます。

 

この機能はキーワードスカウターSTにもありますが、コンテンツスカウターZでは

より詳細な分析が可能になっています。

 

コンテンツスカウターZのキーワード解析機能には主に以下の機能があります。

・月間検索数:キーワードの月間検索数

・推定平均CPC:キーワードの推定広告クリック単価

・競合度:キーワードの競合度

・inTitle件数:キーワードの一部がページタイトルに含まれるページ数

・allinTitle件数:キーワードのすべてがページタイトルに含まれるページ数

・inTitle率:検索上位のサイトのページタイトルにキーワードが入っているか

・Index数:そのドメインのIndex数

・ポータルサイト:上位サイトがポータルサイトなのか

・ブログ:ブログサービスで運用されているサイトなのか

・文字数:ページのテキストの文字数

引用元:http://cwapromotion.net/csz/lp/infotop/

などがあります。

 

複合キーワードを検出するだけでなく、検出した複合キーワードの中でも文字数が少なく、

ライバルも少ないキーワードを調べることができます。

 

下の画像はコンテンツスカウターZでキーワード解析した例です。

 

検索結果に表示されている、「プライベートジム 大阪 クチコミ」というキーワードを見ると、

このキーワードで作成しているサイトは20件、その中でタイトルにこのキーワードが

含まれているサイトは0件なのが分かります。

引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=138&v=8BISJpm61ts

 

このように、数値的にライバルとの競合が低いキーワードが分かるため、

どのようなキーワードを利用すれば上位表示させやすいか一目で分かります

 

そのため、効率の良いコンテンツの作成が可能です。

 

コンテンツスカウターZはキーワード別の平均文字数も解析できる

キーワード解析機能はキーワードスカウターSTにも搭載されていますが、

キーワードスカウターSTの「キーワード解析機能」では、

allinTitle(キーワードのすべてがページタイトルに含まれるページ)と

inTitle(キーワードの一部がページタイトルに含まれるページ)の件数の差だけしか

表示されませんでした。

 

しかしコンテンツスカウターZのキーワード解析機能では、

キーワード別の平均文字数も解析が可能になっています。

 

allinTitleとinTitleの数値の差が大きく、かつ平均文字数が少ない場合には

ライバルサイトが少なく、ライバルサイトのコンテンツが充実していない

可能性が高いと考えられます。

引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=138&v=8BISJpm61ts

 

上位表示されているサイトより文字数が多く、ライバルサイトより内容も充実している

記事を執筆すれば、狙ったキーワードで上位表示される可能性は高くなります。

 

もちろん、文字数が多いだけで上位表示される保証はありませんが、

上位表示させるための目安にすることはできます。

 

コンテンツスカウターZだけの「見出し解析機能」

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YgJ1xk0L3cI

 

コンテンツスカウターZには「見出し解析機能」があります。

この機能はキーワードスカウターSTには搭載されていません。

 

コンテンツスカウターZの見出し解析機能を利用すれば、各キーワードで検索結果の上位10件に

表示されているサイトの見出し構成を調べることができます。

 

特定のキーワードで上位表示されているサイトは、Googleなどの検索エンジンから

「そのキーワードに関して良質な情報を提供している」と判断されたサイトです。

コンテンツの内容がGoogleから高評価されることにより上位表示されていることになります。

 

つまり上位表示されているサイトの見出し構成を参考にしてコンテンツを作成すれば、

Googleから高い評価を得て上位表示させやすくなります

 

事実として、競合ライバルサイトに後から挑むSEOのプロ達も、狙っているキーワードで

上位表示されている複数のサイトの見出し構成をチェックして、

その構成を参考にこれから作成するコンテンツの見出しを決定する作業を行っています。

 

この点からも、上位表示されているサイトの見出し構成をチェックするのは

非常に重要な作業だと言えます。

 

しかし、コンテンツを作成する度に上位表示されているサイトの見出し構成をチェックするのは

かなりの時間が必要になる大変な作業です。

その作業を自動で行ってくれるのがコンテンツスカウターZの「見出し解析機能」です。

 

コンテンツスカウターZの見出し解析機能でライバルサイトの見出し構成をチェックすることで、

Googleから良質なサイトだと評価されやすく、上位表示されやすいコンテンツを書きやすく

なります

 

この点がコンテンツスカウターZの見出し解析機能の最大のメリットだと言えるでしょう。

 

コンテンツスカウターZの共起語解析機能

引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=8&v=_HA8vbQdogQ

 

コンテンツスカウターZには上位表示されているサイトのコンテンツに含まれる単語

(共起語)を調べることが可能な共起語解析機能があります。

 

※この機能もキーワードスカウターSTには搭載されていません。

 

コンテンツスカウターZの共起語解析機能を利用すれば、上の画像のように

コンテンツ内で使用されている単語の順位、出現回数が丸わかりになります。

 

これにより、上位表示させやすい見出し構成だけでなく、コンテンツ内に含まれる単語も

分析することで、より一層上位表示させやすい記事を執筆することができます

 

上位表示されているコンテンツ内に含まれている単語は、そのキーワードで検索したユーザーが

知りたい情報ですので、その単語を使用して記事を執筆することによりユーザーが求めている

情報を提供することができます。

 

その結果Googleから評価され、上位表示される可能性が高くなります。

 

つまり見出し解析機能でGoogleに上位表示されているサイトの見出しを分析し、

共起語解析機能でコンテンツ内に使われている単語もチェックすることで、

より検索エンジンに評価されやすい記事を書きやすくなります

 

その結果、上位表示されやすい記事だけを書くことが可能になります。

 

コンテンツスカウターZのタグ解析機能

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PWlrfwbDrE0

 

コンテンツスカウターZの「タグ解析機能」を利用すれば、上位表示されているサイトが

どのような目的のサイトかを調べることができます。

 

上位表示されているサイトのhtmlソースの中に含まれているタグを解析することができます。

htmlタグを解析することにより、そのサイトの色々な情報を知ることができます。

 

・アフィリエイトリンクの有無やその数

・Googleアドセンス広告は貼り付けられているか

・Googleアナリティクスは使用しているか

 

などを知ることができます。

コンテンツスカウターZのタグ解析機能を利用すれば、上位表示されているサイトにどのくらい

アフィリエイトサイトがいるか一目で分かります

 

また、上位表示されているサイトのURLも表示してくれます。

URLをクリックすると、そのサイトを表示してくれますので、

そのサイトの内容をすぐにチェックすることが可能です。

 

上位表示されているサイトに中にアフィリエイトサイトが多い場合、

SEO面でも競合が激しくなりますのでそういったキーワードを避けることもできます。

 

※この機能もキーワードスカウターSTには搭載されていません。

 

コンテンツスカウターZの検索エンジン順位チェック機能

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BEo4-w3jOdY

 

コンテンツスカウターZに新しく追加された機能、

それが検索エンジン順位チェック機能です。

 

コンテンツスカウターZの検索エンジン順位チェック機能を利用すれば、

自分のサイトやライバルサイトが狙ったキーワードで何位に表示されているか調べることできます。

検索結果はPCに蓄積されていくため、検索結果で順位の変動がどのように変化しているか

グラフで見ることができます。

 

※この機能もキーワードスカウターSTには搭載されていません。

 

コンテンツスカウターZの使い方は?

コンテンツスカウターZを有効に使う方法としては、以下の流れが考えられます。

 

1.キーワード解析機能でライバルが少ないキーワードをリサーチ

2.見出し解析機能でライバルサイトの構成を分析

3.共起語解析機能で記事内で使われている単語を分析

4.分析結果を基にライバルサイトより文字数の多い記事を書く

 

このような流れでコンテンツを作成することにより、必然的にライバルサイトよりも質の高い

記事を執筆することが可能になり、上位表示される可能性が高くなります。

 

コンテンツスカウターZの評判は?

ネット上でコンテンツスカウターZの評判について調べてみました。

 

・簡単にライバルサイトの構成が分かる

・今まで数時間必要だったキーワードリサーチが短時間で済む

・このツールを使うだけで上位表示が狙える

・ライバルに公開して欲しくない

 

など、コンテンツスカウターZの評判は高いようです。

 

まとめ

ここまでコンテンツスカウターZとキーワードスカウターSTの機能の違いについて紹介してきました。

ネットでの評判通り、後発のコンテンツスカウターZの方が機能面で優れているのが分かります。

 

これまでライバルサイトの分析に必要だった時間が大幅に短縮できるだけでなく、

検索エンジンに評価の高く、上位表示されやすいコンテンツを作成しやすい点は

コンテンツスカウターZを利用する大きなメリットだと思います。

 

コンテンツスカウターZの月額利用料記は2,980円ですが、使ってみて自分に合わないと

感じた場合にはすぐ解約できるので買い切り型のツールより手軽に試してみることができます。

 

それに対しキーワードスカウターSTは買い切り型で5,378円となっています。

料金面で比較するとキーワードスカウターSTの方が負担が少なくなっています。

 

お宝キーワードだけをリサーチしたいのであればキーワードスカウターST、

上位表示されているサイトをより詳しく分析したいのであればコンテンツスカウターZと

目的に合わせて利用すれば良いのではないかと思います。

 

この記事がコンテンツスカウターZの導入を検討している人の役に立てれば幸いです。

 

コンテンツスカウターZ

キーワードスカウターST

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です