RTLについて、RTLの内情を告白します

RTLはメルマガアフィリエイト塾

「RTL=Road To Liberty」は、よくせどり塾と勘違いされることがありますが

メインはメルマガアフィリエイトの塾です。

 

よくInfotopランキングの1位にいることがあるので

見かけたことがある人もいるかもしれません。

 

塾で取り扱っているアフィリエイト商材は

すべてせどり・輸出・輸入の物販案件のため

必然的にせどりノウハウもハイレベルになってきます。

 

むしろ、せどりを実践している人達に

「メルマガもやってみませんか?」

と誘って入塾されてる人もいるので

塾生の内せどらーの比率はとても高くなっています。

 

インフォトップ販売者ランキング1位

RTLの創業者は、

2017年インフォトップ販売者ランキング1位を獲得

していて、アフィリエイト業界のトップに君臨している御方です。

インフォトップだけで上げている年商は10億円。

ちょっとイメージできない数字ですね(笑)

 

アフィリエイト業界は、せどりジャンル以外にも

  1. 株・FX系
  2. ネットビジネス系
  3. 仮想通貨系
  4. 恋愛系
  5. コンプレックス系

など、数々の巨大マーケットがあるのですが

そのすべてに打ち勝ってTOPをとっているんです。

 

RTLが稼いでいる仕組み

インフォトップで1位を獲得しているのには理由があります。

 

アフィリエイト業界において、売り上げを伸ばすための絶対的な公式は

ブランディング力 × アフィリエイター数

です。

 

教材を100本売る人×1名=100本

よりも

教材を10本売る人×100名=1000本

の方が売り上げは上がります。

 

言うのは簡単ですが、これを組織的に実現してしまったのがRTLなんです。

 

  1. RTLが販売用にせどり教材を取りまとめる
  2. 塾生が必死に販売する
  3. 教材が鬼のように売れる
  4. 塾生には潤沢なアフィリエイト報酬が入る

こういうサイクルが回っています。

 

RTLとしては、塾生に稼いでもらうために

売りやすい教材を2ヶ月に1本くらい取りまとめて行きます。

 

塾生は、その教材を売るために、自分で実践してみたり

教材だけでは解決できないところを特典教材として配布したり

売る努力をしています。

 

その結果、教材購入者であるせどらーにとって良質な教材や特典が数多く生まれ

また次の教材も買ってもらいやすくなる。

 

こうやって業界自体をけん引しているともいえるのがRTLの存在なんです。

 

きめ細かいマニュアルが存在する

これはマニュアルの目次を抜粋したものですが、

1ステップ10分くらいで消化できるような内容のマニュアルが

基本的なものだけでも40ステップ以上あります。

 

実践編のマニュアルも別途配布されていたり、

講師陣による直接的な指導や添削といった制度もあるため

新規入塾生にとってもステップバイステップで学習しやすい環境が整っています。

 

間違っても、教材を渡して「はい、終わり」というレベルではありません。

 

リアルで毎月勉強会を開催している

RTLでは、基本的に毎月勉強会という形式で塾内セミナーを開催しています。

アフィリエイトのノウハウは日々進化していて、

塾生の中から新しい成功者がポコポコと生まれる状況ですので

そういった人にスピーカーを務めてもらい

積極的に成功体験をシェアしてもらっています。

 

例えば、

「今月は教材を100本販売して300万円稼ぎました!」

「コンサルを募集して1000万円稼ぎました!」

といったような、塾の外部では聞けないような裏話が

RTL内部では毎月のように公開されているのです。

 

講師の実績がすごい

RTLには、講師・SVという制度があり、基本的には

1つのアフィリエイト案件で100本以上の教材を販売した人

「講師」となるチャンスが与えられます。

 

さらに、

講師の中でも極めて優秀な販売実績を残した人

「SV」となるチャンスが与えられます。

講師とSVはRTL内でも影響力が強く、

彼らの支援を受けることが出来る教材ほど売れやすい傾向があります。

 

講師陣のおかげで、月収100万円などの実績を出した人も

良い意味で”調子に乗らずに”彼らの背中を追って

努力を継続する文化が出来ていますので

より上を目指したい人にとっても恵まれた環境になっています。

 

サポーターが充実

RTLの運営実務や、ルールの徹底をしてくれるのが「サポーター」と呼ばれる役職の方々です。

サポーターの方々は、塾生に親身にアドバイスしてくれるので

彼らに質問をすれば基本的な問題は解決するでしょう。

 

誰から入るのか、が重要

ここで、RTLという組織的な問題があります。

RTLへ入塾させた人は、入塾してくれた人へフォローしましょう。

という文化があります。

 

それもそのはず、

自分から入ってくれたんだから、成長するまで指導する

っていうのは当たり前と言えばあたりまえですよね。

 

でもその当たり前のことが、他の組織は出来ていなかったりします。

 

こういった部分が行き届いている分、

  • 入塾させた人が「師匠」
  • 入塾した人が「弟子」

という「師弟関係」のようなものが出来上がります。

 

※無理やりいうことを聞かせたり、とかではないですよ(笑)

 

必然的に、師匠は弟子のサポートに注力するようになり

他の塾生との指導に比べると温度差が出るのはしょうがないですよね。

 

こういったところから、

「RTLには派閥があるんじゃないか」

と言われることがあります。

 

実際、派閥というほどではありませんが、

誰から入塾したかによって、受けられるサポートが異なる

というのは事実として少なからずあります。

 

もしあなたがRTL入塾を検討しているのであれば

誰の指導を受けたいと思うか

を考えてから入塾することをオススメします。

 

ふじもんはいろいろと内情を知っているので

相談してもらえれば誰から入るのが相性が良いか

アドバイスすることは出来ると思うので

メールフォームなどから気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です