GRCは無料?Macで使える?使い方や評判・料金などを徹底解説!

この記事ではGoogle、Yahoo、Bingで検索順位のチェックができるSEOツール、

GRCの使い方や評判、料金などについて詳しく紹介します。

 

GRCとは

引用元:http://seopro.jp/

 

GRC

 

GRCはSEOツールラボが運営する、検索順位チェックツールです。

GRCはWEB上ではなくPC上で動作するツールのため、

利用するためにはPCにインストールする必要があります。

 

GRCは数あるSEOツールの中でも古くから運用されており、

多数の企業や個人に利用されています。

 

GRCを利用すれば1つのサイトだけでなく、複数のサイトや検索キーワードで

Google、Yahoo、Bing、3つの検索エンジンの検索順位をチェックすることができます。

 

検索したデータはダウンロードして保存することも可能です。

 

GRCのダウンロード方法は?

GRCは利用するにはダウンロードしてPCにインストールする必要があります。

GRCは以下のサイトからダウンロード可能です。

 

GRCダウンロード

 

GRCをPCにインストールしたらツールを起動します。

 

GRCの使い方

GRCの使い方を紹介します。

GRCで検索順位をチェックするには、「項目の新規追加」と「順位チェック実行」の

2つの操作だけなので手軽で簡単に検索順位をチェックすることができます。

 

GRCには主に以下の機能があります。

 

機能
  1. 検索順位チェック
  2. 自動順位チェック
  3. メモ機能
  4. 上位100サイト順位履歴チェック

 

GRCのそれぞれの機能の使い方について紹介します。

 

調査対象サイトの登録

GRCに検索順位を調べたいサイトを登録します。

「編集」メニューから「項目新規追加」をクリックします。

 

項目を追加するには以下の3つのデータを登録します。

 

項目追加
  1. サイト名:任意のサイト名を登録します。検索結果には影響しません。
  2. サイトURL:調べたいサイトのURLを登録します。
  3. 検索語:検索順位を調べたキーワードを登録します。検索語は改行することで最大20語まで登録可能です。(無料プランの場合)

 

 

3つの項目を入力したら最後に「OK」をクリックします。

検索語が登録され、検索準備が完了しました。

 

検索順位チェック

検索順位をチェックするには、「実行」メニューから

「順位チェック実行」をクリックします。

 

検索順位がチェックされ、結果が表示されます。

 

Google、Yahoo、Bingそれぞれの検索順位が表示されます。

前日のデータがある場合には検索順位の右側に表示されます。

 

GRCの初期設定では各検索エンジンの検索順位表示は以下のような設定となっています。

チェックした順位が圏外の場合には「-」が表示されます。

 

範囲
  • Yahoo:初期設定 30位まで 最大範囲 50位まで
  • Google:初期設定 100位まで 最大範囲 100位まで
  • Bing:初期設定 40位まで 最大範囲 100位まで

 

順位チェックする範囲は、「検索設定」メニューから

「順位チェック範囲」をクリックすると変更できます。

 

特定の検索語を選択すると、検索順位のグラフと検索順位の変動履歴が表示されます。

 

自動順位チェック機能

GRCには毎日の順位チェックを自動で行ってくれる自動順位チェック機能があります。

自動順位チェック機能には以下の2つのオプションがあります。

 

自動順位チェック
  1. 起動時に順位チェック実行
  2. 指定時刻に順位チェック実行

 

自動順位チェック機能は「実行」メニューから設定できます。

 

「起動時に順位チェック実行」にチェックを入れると、

GRCを起動すると自動で順位チェックされます。

 

「指定時刻に順位チェック実行」を選択すると、指定時刻の設定ウィンドウが開きます。

「指定時刻に順位チェックを開始する」にチェックを入れると、

順位チェックする時刻を設定できるようになります。

指定した時刻になると自動で順位チェックが実行されます。

 

※自動順位チェックを指定した時刻になった場合でも、GRCが起動していない場合には

自動で順位チェックされませんので注意が必要です。

 

メモ機能

GRCにはサイトに関するメモ機能もあります。

これにより、サイトに関するデータや備忘録など、数値以外で覚えておきたい

内容を記録しておくことができます。

 

GRCのメモ機能は以下の3種類用意されています。

 

メモ機能
  1. 項目メモ:項目ごとのメモ
  2. サイトメモ:URL別にサイトの修正内容などをメモ
  3. 共通メモ:全ての項目に共通のメモ

 

GRCのメモ機能は「編集」メニューから追加することができます。

 

上位100サイト順位履歴チェック機能

GRCには上位100サイトの順位変動履歴を記録する機能があります。

 

この機能を利用すれば、自己サイトに大幅な順位変動があった場合などに、

その理由が自己サイトの内容にあるのか、検索エンジンのアルゴリズム変更にあるのかを

判断するために役立ちます。

 

上位100サイトの順位変動履歴をチェックするには、チェックしたい検索語を選択して、

「編集」メニューから「調査項目の追加」→「上位100追跡項目」をクリックします。

 

このようにサイトURLに「上位100追跡」と書かれた項目が追加されます。

引用元:https://ferret-plus.com/8062

 

上位100サイトの順位変動履歴を選択し、順位チェックを実行しデータを取得します。

 

上位100サイトの順位変動履歴を表示させたい項目を選択し、

「enter」キーを押すと順位履歴が表示されます。

 

検索結果には最新の上位100サイトと直近で上位100サイトにランクインした

合計200サイトが表示されます。

 

GRCは無料で利用できる?

GRCは無料でも利用できますが、登録可能なURLが3つまで、

1日の検索回数が10件など、機能に様々な制限があります。

 

GRCの料金は?

引用元:http://seopro.jp/grc/license

 

GRCには以下の5つの料金プランが用意されています。

 

料金プラン
  1. ベーシック:年間 4,860円
  2. スタンダード:年間 9,720円
  3. エキスパート:年間 14,580円
  4. プロ:年間 19,440円
  5. アルティメット:年間 24,300円

 

GRCの全ての料金プランは1年単位となっています。

また、1ライセンスで1台のPCでしか利用できません。

 

GRCを複数のPCで利用するためには、利用するPC別にGRCのライセンスを

購入する必要があります。

 

それぞれのプラン毎に登録できるURL数、検索語数などは異なっています。

 

GRCはMacで使える?

GRCは以下の3つの方法でMacでも利用することが可能です。

 

GRCをMacで利用する方法
  1. 無料アプリのWineを利用する
  2. Parallels Desktopなどの仮想化ソフトを利用する
  3. 外部サーバーでVPSを利用する

 

上記3つの方法の中でも、無料アプリの「Wine」を利用する方法がオススメです。

WineでGRCを利用する流れは以下の通りです。

 

  1. XQuartzをインストール(インストール済みの場合は不要)
  2. Wineをインストール
  3. Mac専用のGRCをインストール

 

Wineを利用してGRCをMacで利用する方法は以下で詳しく説明しています。

 

Wineを用いてMacでGRCを利用する方法

 

GRCの評判は?

ネットでGRCの評判について調べてみました。

 

評判
  • 使い方が簡単
  • 無料でも利用できる
  • 上位100サイト順位追跡が便利
  • Macでも使える

 

GRCの評判は高く、無料でも利用できるため、多くの人が活用しているようです。

 

まとめ

GRCは検索順位をチェックできるSEOツールです。

GRCは無料でも利用できるため、多数の人が活用しています。

 

キーワード別に自己サイトやライバルサイトの検索順位をチェックすることが可能です。

他にも上位100位までの順位履歴がチェックできるので、

急な順位変動があった場合に変動理由をチェックするのにも役立ちます。

 

GRCは無料で利用できますので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

他の記事でもSEOツールを紹介していますのでぜひご覧下さい。

 

ahrefsの使い方や評判・料金、解約方法などを徹底解説!

Majestic SEOの使い方や評判・料金、解約方法などを徹底解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です