PayPayの出資比率はどうなっている?出資企業をリストアップ!

paypay出資比率

昨年末から大きな話題となっているPayPay(ペイペイ)。

PayPay(ペイペイ)はヤフー株式会社とソフトバンク株式会社との

ジョイントベンチャー(合併企業)です。

 

この記事ではPayPay(ペイペイ)への各企業の出資比率と、

PayPay(ペイペイ)に出資しているそれぞれの企業の

業務内容などを紹介します。

 

PayPay(ペイペイ)の出資比率は?

引用元:https://japan.cnet.com/article/35123169/

 

PayPay(ペイペイ)の出資比率はヤフーとソフトバンクが50:50となっています。

また、ソフトバンクグループがソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)に出資、

インドのPaytmへも出資することで、技術提供を受けています。

 

ソフトバンク・ビジョン・ファンドとは?

引用元:https://www.businessinsider.jp/post-180699

 

ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は正式名称、

ソフトバンク・ビジョン・ファンド・エルピー。

 

ソフトバンクグループの孫正義氏と、サウジアラビアにある、

パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)のムハンマド・ビン・サルマーン氏らが

共同で2017年5月20日に発足した投資ファンドです。

 

本社はイギリスに、オフィスはロンドンにあります。

SVFの主な出資者は以下の通りです。

 

ソフトバンク・ビジョン・ファンドの主な出資者
  • パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)450億ドル
  • ソフトバンク 250億ドル
  • ムバダラ開発公社 100~150億ドル
  • Apple 10億ドル
  • クアルコム 10億ドル
  • ラリー・エリソン個人事務所 10億ドル
  • 鴻海精密工業など10社前後

 

ソフトバンク・ビジョン・ファンドの資金運用規模は10兆円近くとなっています。

また、資金の運用規模が大きいだけでなく、営業利益も2017年上期には1,862億円、

2018年上期には6,324億円と前年と比較して大きく伸びています。

 

それだけでなく、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの営業利益が

親会社のソフトバンクの営業利益4,469億円を超えてしまっている事

注目すべき点だと言えるでしょう。

 

Paytmとは?

Paytm

引用元:https://indianexpress.com/article/business/companies/softbank-looks-to-invest-nearly-1-4-billion-in-paytm-4638025/

 

Paytmは、インドのデリーにある、プリペイド式の

スマートホンアプリ決済でのリーディング企業です。

 

Paytmは2010年にOne97 Communications Limitedによって設立されました。

現在では全世界で3億人以上の利用者がおり、加盟店数800万店を超えています。

 

Paytmの拠点は、インドのニューデリー、カナダのトロントの他、

PayPayの日本展開に伴い、東京にも開発拠点を置いています。

 

2013年にはPaytmウォレットの提供を開始しました。

2016年11月時点でインド最大のモバイル決済プラットフォームとなっています。

 

Paytmの需要が急激に伸びた事の理由に、インドの高額紙幣

500ルピーと1,000ルピーが廃止されたことがあげられます。

 

Paytmウォレットを利用すると、通常のネットショップでの買い物だけでなく、

航空券やタクシーの予約、電気料金の支払いなども可能になっています。

 

Paytmの出資比率は?

引用元:https://jp.wsj.com/articles/SB12389501321203413476904583153820326466126

 

Paytmには様々な個人や企業が出資しています。

Paytmの主な出資先を紹介します。

 

Paytmの主な出資先
  • ラタン・タタ(インドの実業家)
  • アリババ・グループ
  • ICICI銀行
  • ソフトバンク
  • バークシャー・ハサウェイ

 

現在、Paytmの企業価値は100億ドル以上と言われています。

 

まとめ

PayPay(ペイペイ)の出資比率はヤフーとソフトバンクが半分づつとなっています。

しかし、ヤフーとソフトバンク以外にもPaytmが技術提供するなど、様々な企業が

PayPay(ペイペイ)の展開に関わっています。

 

PayPay(ペイペイ)はソフトバンクの持つ営業網と、

PayPay(ペイペイ)を導入した店舗への3年間決済手数料無料

既にヤフオクの支払いで多くの利用者が存在するYahooウォレットとの連携などで

モバイルアプリ決済サービスでNO.1を狙っています。

 

今後もPayPay(ペイペイ)の展開から目が離せませんね!

 

この記事がPayPay(ペイペイ)の導入を検討している、

個人事業主や読者の皆さんの役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です