翻訳アプリ19選!英語・中国語・多言語可・無料でもこんなに多機能!

翻訳サイト・翻訳アプリ比較

Webページをネットサーフィンしている時、

英語のサイトに辿り着いたことはありませんか?

 

最近では、海外のネットショップで買い物をするなど、

外国語のサイトを閲覧する場合も少なくないと思います。

 

この記事では、無料で利用できる翻訳アプリ・翻訳サイトを紹介します。

 

翻訳サイトの機能とは

PCで利用できる翻訳サイトの機能には、大別すると以下の3つの機能があります。

 

翻訳サイト・翻訳アプリの機能
  1. 入力したテキストの変換
  2. Webページの変換
  3. アップロードしたドキュメントファイルの変換

 

利用する翻訳サイトによって、上記3つの機能全てが利用可能なサイトと、

いずれかの機能が利用可能なサイトがあります。

 

翻訳アプリの機能とは

スマホなどで利用できる翻訳アプリ。

 

翻訳アプリには、翻訳サイトの機能には備わっていない、

スマホならではの機能が備わっているアプリも多く見られます。

 

翻訳アプリには主に以下の機能があります。

 

翻訳アプリの主な機能
  • 入力したテキストの変換
  • 音声変換
  • 会話変換
  • 内蔵カメラによる、テキスト変換

 

上記の機能の中でも、音声変換機能と会話機能は音声による変換が可能なので、

外国人に道を尋ねる場合などにとても便利です。

 

無料利用可能の翻訳サイト・PC版

PCで無料利用できる翻訳サイトを集めました。

 

Google翻訳

引用元:https://translate.google.co.jp/?hl=ja

 

Google翻訳

 

Google翻訳はGoogleが提供する、無料の翻訳サイトです。

Google翻訳は英語だけでなく、100以上の多言語にも対応している点が特徴です。

無料でも1回に最大5,000文字までの翻訳が可能になっています。

 

PC版でも翻訳するだけでなく、文章を音声で再生することもできます。

引用元:https://translate.google.co.jp/?hl=ja

 

他に、PC内に保存している様々な形式のファイルを

アップロードして翻訳することも可能です。

引用元:https://translate.google.co.jp/?hl=ja

 

Google翻訳には「Translate API」と呼ばれる有料プランも用意されています。

引用元:https://cloud.google.com/translate/?hl=ja

 

Translate API

 

Translate APIの料金は100文字当たり、月額20ドルとなっています。

Google翻訳は翻訳サイトとしては知名度が高く、翻訳サイトは

他に利用したことがない、という人も少なくないと思います。

 

WorldLingo

引用元:http://www.worldlingo.com/ja/products_services/worldlingo_translator.html

 

WorldLingo

 

WorldLingoは無料で利用できる翻訳サイトです。

WorldLingoは無料版でも15種類の翻訳に対応しています。

 

ただし、無料版では1回に翻訳可能な文字数が

500文字までとなっていますので注意が必要です。

 

有料版では、33種類の言語に対応しており、翻訳希望の文章やテキストファイルを

アップロードすることにより、翻訳費用を見積することが可能です。

引用元:http://www.worldlingo.com/ja/

 

bing翻訳

引用元:https://www.bing.com/translator

 

bing翻訳

 

bing翻訳はマイクロソフトが提供する翻訳サイトです。

対応している言語数は64種類と多く、多彩な言語での利用が可能です。

 

他の翻訳サイトと同様に、音声によるテキストの読み上げ機能も備わっています。

 

エキサイト翻訳

引用元:https://www.excite.co.jp/world/

 

エキサイト翻訳

 

エキサイト翻訳は32種類の言語への翻訳が可能な翻訳サイトです、

 

エキサイト翻訳の特徴としては、通常の翻訳サイトと違い、理学系や農林水産系など、

翻訳する文章に合わせた分野を選択することで、専門的な翻訳も可能な点があげられます。

引用元:https://www.excite.co.jp/world/

 

Infoseek マルチ翻訳ー楽天

引用元:http://translation.infoseek.ne.jp/

 

Infoseek マルチ翻訳ー楽天

 

Infoseek マルチ翻訳ー楽天は13種類の言語に対応している翻訳サイトです。

Infoseek マルチ翻訳の翻訳エンジンは、翻訳サービスで有名な、

株式会社クロスランゲージが提供しています。

 

そのため、他の翻訳サイトと比較して、より繊細なニュアンスの

翻訳が可能になっている印象を受けます。

 

また、Infoseek マルチ翻訳では有料の翻訳サービスも提供しています。

 

有料翻訳サービスでは、無料翻訳には備わっていない、

専門語辞書を利用した機械翻訳と、翻訳担当者による、

人力での翻訳サービスが用意されています。

 

プレミアム機械翻訳

引用元:http://transer.com/prem/infoseek/index.html

 

プレミアム機械翻訳

 

プレミアム機械翻訳サービスの料金は以下の通りです。

 

プレミアム機械翻訳サービスの料金
  • 日本語・英語の2カ国語を翻訳する場合は月額500円(税別)
  • 日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語を翻訳する場合には月額800円(税別)

 

おてがる翻訳

引用元:https://www.crosslanguage.co.jp/news/otegaru-honyaku_2019/

 

おてがる翻訳

 

おてがる翻訳は24時間、365日、ネット上から手軽に翻訳依頼が可能なサービスです。

おてがる翻訳は38種類の言語の翻訳に対応しています。

 

おてがる翻訳は翻訳担当者の翻訳レベルにより料金が設定されています。

また、納期まで最短30分など、納期によって料金が異なっています。

 

おてがる翻訳の料金は以下の通りです。

 

おてがる翻訳の料金
  • LIGHT(ライト) 経験のあるネイティブが担当 3.6円〜
  • BUSINESS(ビジネス)  プロの翻訳者が担当 5.6円〜
  • EXPERT(エキスパート) 厳選されたプロの翻訳者が担当 10.1円〜

 

上記の場合でも、納品までの時間によって料金が変わってきます。

納品までの時間は以下の4パターンから選択が可能です。

 

おてがる翻訳の納品時間
  • 最短30分
  • 4時間
  • 12時間
  • 24時間

 

SYSTRANet

引用元:http://www.systranet.com/ja/translate

 

SYSTRANet

 

SYSTRANetは15種類の言語で利用できる翻訳サイトです。

テキストを入力して翻訳する以外にも、WebページのURLを入力して

検索する事により、Webページをそのまま翻訳することも可能です。

 

So-net翻訳

引用元:https://translate.so-net.ne.jp/

 

So-net翻訳

 

So-net翻訳は無料で20種類の言語で利用できる翻訳サイトです。

無料で500文字までの翻訳が可能です。

 

翻訳したいテキストを直接入力する以外にも、

テキストファイルをアップロードしての翻訳も可能です。

 

So-net翻訳を利用して、実際に英文を翻訳してみましたが、

翻訳の精度は悪くないと思うのですが、連続して翻訳したい場合には

少し使い勝手が悪いと感じました。

 

weblio(ウェブリオ)翻訳

引用元:https://translate.weblio.jp/

 

weblio(ウェブリオ)翻訳

 

weblio(ウェブリオ)翻訳は日本語、英語、韓国語、中国語に対応しています。

対応している言語は少ないですが、その分、

シンプルで使いやすい点が特徴となっています。

 

また、翻訳だけでなく、辞書機能も備わっているため、

単語の意味を調べたい場合にも便利です。

 

weblio(ウェブリオ)翻訳には「スマート翻訳」という、

有料の翻訳サービスも用意されています。

 

スマート翻訳では、翻訳の料金を以下の3段階から選択することができます。

料金がアップするほど、翻訳の実用度が高くなります。

 

スマート翻訳の料金
  • カジュアル 1単語5円
  • スタンダード 1単語10円
  • プレミアム 1単語15円

 

スマート翻訳の利用には会員登録が必要です。

取りあえず見積だけしてみたい場合には、

会員登録しなくても無料で見積することができます。

 

Cute007

引用元:http://trans.cute007.com/CuteTrans.html

 

Cute007

 

Cute007は8種類の言語に対応している翻訳サイトです。

Cute007の他の翻訳サイトとの違いは、複数の翻訳サイトでの

翻訳結果を一覧表示してくれる点です。

 

利用する翻訳サイトによって、微妙に翻訳内容が違う場合も良くありますので、

複数のサイトを比較することで、最適と思われる翻訳内容を選択することができます。

 

Free Translation Online

引用元:http://translation2.paralink.com/translator/

 

Free Translation Online

 

Free Translation Onlineは55種類の言語に対応している翻訳サイトです。

Cute007と同様に、複数の翻訳サイトの内容を表示して比較することが可能です。

 

Im Translator

引用元:http://free-translation.imtranslator.net/Japanese-language_English-Japanese_translation/

 

Im Translator

 

Im Translatorは51種類の言語で利用できる翻訳サイトです。

翻訳だけでなく、辞書機能やブラウザの拡張機能も用意されています。

 

Fresh eye(フレッシュアイ)

引用元:http://www.fresheye.com/translate/

 

Fresh eye(フレッシュアイ)

 

Fresh eye(フレッシュアイ)は日本語・英語・中国に対応している翻訳サイトです。

対応言語数が少ない分、シンプルで使いやすいと思います。

 

Fresh eye(フレッシュアイ)の特徴は、ジャンル毎に専門辞書を備えているため、

他の翻訳サイトでは実現しにくい専門用語の翻訳も可能となっています。

 

無料利用可能の翻訳アプリ

無料で利用可能なスマホ用翻訳アプリを集めました。

 

Google翻訳

 

Google翻訳 iPhone版

Google翻訳 Android版

 

Google翻訳アプリは翻訳サイトでも利用者数NO.1と思われる、

Google翻訳が提供する翻訳アプリです。

 

Google翻訳アプリは100以上の言語に対応しています。

対応言語数も多いのですが、通常のテキストをコピペしての翻訳はもちろんのこと、

Google翻訳アプリにはPC版にはない様々な機能を備えています。

 

カメラ入力

 

カメラ入力機能は街角の看板や標識などを読み込んで翻訳してくれる機能です。

危険を知らせる標識など、海外の街を歩いていて利用する機会が多くありそうな機能ですね。

 

会話機能

 

会話機能はスマホのマイクに向かって話すだけで翻訳してくれる機能です。

自分が話した言葉だけでなく、相手が話した言葉も即座に翻訳してくれます。

 

日本語だけでなく、英語でも試してみましたが、かなりいい加減な発音にも関わらず、

きちんと翻訳してくれたので驚きました。

 

しかも、文章で表示するだけでなく、音声で発音もしてくれる優れものです。

海外での強い味方になりそうな機能ですね。

 

手書き入力

 

カメラでの読み取りが上手く行かない場合などには、

手書きで文字を入力することが可能です。

 

上の画像のように、かなりいい加減に手書き入力した場合でも、

ちゃんと文字が認識されているのには驚きました。

 

また、ひらがなで入力した場合でも、漢字への変換候補も表示してくれます。

 

オフライン利用可能

Google翻訳アプリは、予め翻訳ファイルをダウンロードしておくことで、

オフラインでも利用することが可能です。

 

電波状況が悪い、Wifiを利用することができない、

そのような場合にとても重宝しますね。

 

Microsoft翻訳

 

Microsoft翻訳 iPhone版

Microsoft翻訳 Android版

 

Microsoft翻訳は通常のテキスト入力以外にも様々な機能を備えた翻訳アプリです。

対応言語も50ヵ国あるので、ほとんどの国で利用することができます。

 

音声入力

 

Microsoft翻訳の音声入力機能は、マイクに向かって話すだけで

希望する言語へ変換してくれます。

 

音声入力機能は、希望する言語へ変換するだけでなく、

音声で再生してくれるので便利です。

 

カメラ機能

 

Microsoft翻訳のカメラ機能は、撮影した画像に含まれている文字を

希望する言語に変換してくれます。

 

試しに上のレシートを撮影してみましたが、ちゃんと英語に変換してくれました。

海外のレストランなどで、メニューを見る場合などに利用すると便利な機能ですね。

 

会話機能

 

会話機能は、Microsoft翻訳アプリをインストールしている他のユーザーと、

お互いに利用している言語で同時通訳のように会話できる機能です。

 

外国人とリアルタイムでの会話する場合など、とても役に立ちそうな機能ですね。

 

Safari拡張機能

Safari拡張機能を利用すれば、Safariで閲覧した海外のサイトを翻訳することも可能です。

 

VoiceTra

 

VoiceTra iPhone版

VoiceTra Android版

 

 

VoiceTraは無料で利用できる音声変換が可能な翻訳アプリです。

対応している言語も31ヵ国と多いので、多彩に利用することができます。

 

長文の翻訳は不得意な印象を受けますが、単文を変換する場合には

翻訳精度の高さが実感できると思います。

 

翻訳後の意味も表示されるため、翻訳内容の確認も

できて安心して利用することができます。

 

Naver Papago翻訳

 

Naver Papago翻訳 iPhone版

Naver Papago翻訳 Android版

 

Naver Papago翻訳は無料で利用できる翻訳アプリです。

Naver Papago翻訳は6カ国語に対応しています。

 

音声翻訳の他、英語と日本語など、2カ国語を切替なしで音声翻訳可能なため、

海外での会話などでとても役立ちます。

 

カメラ機能では、撮影した画像の翻訳したい部分をなぞることで翻訳することができます。

 

エキサイト翻訳

 

エキサイト翻訳 iPhone版

エキサイト翻訳 Android版

 

エキサイト翻訳はシンプルな表示で使いやすい翻訳アプリです。

対応している言語も33ヵ国と多めです。

 

日本語から英語への翻訳精度はイマイチの印象を受けましたが、

再翻訳も表示されるので翻訳結果を確認しながら利用できて安心です。

 

SayHi 翻訳

 

SayHi 翻訳 iPhone版

SayHi 翻訳 Android版

 

SayHi 翻訳は約100ヵ国の言語に対応している翻訳アプリです。

SayHi 翻訳の特徴としては、各言語の方言まで翻訳可能な点があげられます。

 

下の画像のように、英語だけを見ても多彩な地域に対応しているのが分かります。

 

Weblio 英語翻訳

 

Weblio 英語翻訳  iPhone版

Weblio 英語翻訳  Android版

 

Weblio 英語翻訳は英語・日本語変換機能の翻訳アプリです。

翻訳した文章は音声で読み上げてくれます。

 

翻訳した文章だけでなく、類似した例文も表示してくれるので便利です。

 

また、一度翻訳した文章はお気に入りとして、

フォルダ分けして保存しておくことが可能です。

 

同じ文章を翻訳したい場合に便利な機能です。

 

まとめ

PCとスマホで利用できる翻訳サイト・翻訳アプリを紹介してきました。

ほとんどの翻訳アプリが多言語に対応しています。

 

2カ国語の音声翻訳機能や会話機能など、単なる翻訳だけでなく、

近未来的な機能も搭載されていて、翻訳アプリの機能の進化には驚くばかりです。

 

今回紹介した翻訳サイト・翻訳アプリは全て無料で利用できますが、

他の翻訳アプリによっては、数回利用すると勝手に有料に移行してしまうアプリも

存在していますので、利用する際には注意が必要です。

 

この記事が読者の皆さんの翻訳サイト・翻訳アプリ選びに役立てば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください