メールマガジンの配信頻度・日刊と不定期・開封率が高いのは?

この記事ではメールマガジンの配信頻度について紹介します。

 

メールマガジンの配信数・配信頻度はどのくらいが良いのか?

引用元:https://www.hatsumeilabox.com/category/merumaga/

 

メールマガジンの配信を始めると、誰でも必ず頭を悩ませるのは配信頻度だと思います。

メールマガジンを毎日配信するのが良いのか、それとも週に2〜3通配信するのが良いのか。

メールマガジンの配信頻度についてはメルマガのコンテンツ、購読者数によっても変わってきます。

 

メールマガジンの配信頻度は登録者数、扱う商品などによって違う

引用元:https://www.kojitusanso.jp/new/201803/

 

メールマガジンの配信頻度を決定する上で、まずは自分が配信したいメルマガがどのようなタイプなのかを分析する必要があります。

 

・メルマガの登録者数

・扱う商品

・コンテンツの内容

・毎日の登録者数

 

などを客観的に観察しましょう。

 

例として仕事探しのサイトのメールマガジンでは、仕事を見つけたい読者がほとんどなので、メルマガの配信頻度は毎日がオススメとなります。

ネット上で可能な仕事を紹介する「クラウドワークス」では以下のように毎日メルマガを配信しています。

 

多い日には一日に複数メールが届いています。

この例ではメールマガジンを毎日配信することで、読者にサイトを忘れないようにしてもらう効果とサイト本来のメリットである仕事を見つける効果を実感してもらうことが期待できます。

 

通常はメルマガの配信数が増えるほど徐々に反応は下がっていく傾向があります。

それに伴いメルマガの登録解除数も増えていきます。

メールマガジンを配信した当初は2,000リストで開封率が50%程度ある場合でも、メルマガを日刊で配信した場合には徐々に登録の解除者も増え、アフィリエイトリンクなどのクリック率も低下していきます。

 

以上の点から考えると、メールマガジンを毎日配信して良い結果が得られるケースは、毎日ある程度メルマガへの新規登録者を獲得できる場合や、サイトの認知度を上げたい場合などが当てはまると言えます。

 

メールマガジンを始めてすぐの場合には、無理に日刊で配信すると徐々にメルマガ登録者が減少、開封率も下がっていくため、やる気を失ってしまいます。

そのため、最初のうちは週に2〜3通程度の配信数が成果が出やすいと思います。

その上で新規のメルマガ登録者が1日10件かそれ以上出るようになってから日刊配信に切り替えるのが理想的だと言えるでしょう。

 

不定期でメルマガを配信した場合

引用元:http://www.newstandard.jp.net/news/society/ethics-education-for-global-talent/428

 

メールマガジンを不定期で配信して成功している例では特定の商品を販売したい場合が多くあります。

通常のメールマガジンでは稼げるノウハウやツールなどの有益な情報を提供し、メルマガ読者との信頼関係を構築していきます。

その中で必要な時にはしっかりと売りたい商品のセールスを行います。

 

つまり日常のメルマガでガッチリ読者の心をつかむよう育てていき、必要なタイミングでそれまで育ててきた芽を刈り取るイメージが分かりやすいと思います。

不定期配信のメールマガジンの場合はいつ届くか分からないので、読者の意表をつく効果も期待できます。

 

読者はメルマガがいつ届くか分からないため、たまに届いたメルマガをつい開封してしまう・・・不定期配信にはそんな効果もあります。

 

不定期配信する場合の注意点としては、メルマガを開封した読者が最後までコンテンツを読んでくれるようなライティング力、情報量が非常に重要になります。

そのため、不定期配信のメールマガジンは難易度が高いと思われます。

 

メールマガジンの配信数が人によって違う理由は?

ここまでメールマガジンの配信頻度について紹介してきましたが、メルマガの配信者によって配信数が違うのには理由があります。

それぞれのメールマガジン配信者はこれまで実践してきて、成功した配信パターンを継続しています。

自分がいつも購読しているメールマガジンの配信パターンを研究することで、自分自身がメルマガ配信で成功するヒントになるはずです。

 

まとめ

メールマガジンの配信頻度は配信するメルマガの内容で変える必要があります。

日刊配信、不定期配信どちらの場合でも最適な内容でメールマガジンを配信することで開封率、クリック率をアップすることができます。

 

どちらの配信方法を選択するかは、メールマガジンの発行者が将来的に何を目標にするかで変わってきます。

日刊配信する場合には、メルマガを配信する度に必ず登録解除者が出るため、毎日一定以上のメルマガ新規登録者が必要になります。

不定期配信の場合には毎回読者にコンテンツを最後まで読んでもらうためのライティングスキルと情報量が必要になります。

 

成功への近道は色々なメルマガを読んでみることをオススメします。

その上で自分が気にいっているメルマガの配信方法を研究して真似てみると良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です