ブログ記事、書き方の例とコツ12選・上手なブログの書き方とは?

ブログを始めてみたものの、何を書いて良いか分からない。

記事を書くネタが見つからない。

上手な記事が書けない。

 

このように感じる人は少なくないと思います。

ブログにアクセスを集めるためには、多くの記事を書くことが必要になります。

そのため、上手くネタ集めが出来ない人は大変だと感じると思います。

 

この記事では、読者に喜んでもらうためのブログ記事の書き方を紹介します。

 

ブログ記事の書き方のコツと構成とは?

引用元:http://hypapa.com/trend-affiliate-blog-1380

 

上手なブログ記事を書くためには、記事を読み終わった後に読者がどのような

気持ちになっているか、その点を考える必要があります。

 

記事を読むためにはある程度の時間が必要になります。

貴重な時間を費やして読んでもらったからには、記事を読み終わった後に、

「参考になった」、「役に立った」、「面白かった」など、読者に充実感を

与える必要があります。

 

一つの記事を書き終わったら、自分自身が読者の気持ちになって、

今執筆した記事の内容を読み返してみましょう。

 

その記事は読者に本当に役立つ記事か、ためになる内容か、面白かったと言えるのか

客観的にその点を検証してみましょう。

 

そうすれば、その記事が良い記事かどうか判断できるはずです。

 

そして良い記事を書くためには、最初に記事の題材(ネタ)を決めましょう。

その後で記事の構成を決定します。

良い記事を書くためには記事の構成が非常に重要になります。

 

次に良い記事を書くための構成要素をチェックしてみます。

 

・ブログ記事の目的

・ターゲットの選定、市場リサーチ

・記事を執筆する上で自分のアドバンテージは?

・商品やサービス内容の確認

・記事のタイトル選定

・文章構成

・読者が満足できるコンテンツの確保

・ムダに長い記事を書かない

・記事の最後にはしっかりまとめる

・記事数の確保

 

それぞれの項目について順番に解説していきます。

 

ブログ記事の目的

ブログに記事を書く上で、記事の目的を明確にする必要があります。

記事の目的が明確になっていなければ、記事の内容が本来の目的から逸れてしまう

場合があります。

 

そのような記事は読んでくれた人に満足感を与える可能性は低いですよね。

例えば今回の記事の目的は、良いブログ記事の書き方なので、

アクセスアップの方法を書いてもあまり意味がありません。

 

記事の目的について難しく考える必要はなく、記事の内容を

明確にするとはそういうことです。

 

本来の記事の目的から逸脱しない内容を書けば充分です。

 

対象読者のリサーチ

まず最初に紹介する商品や情報などにどの程度のニーズがあるか、

市場リサーチを行います。

 

検索エンジンで検索結果数をリサーチするなど、その商品や情報を知りたい読者が

どのくらい存在するのかをリサーチすることで、ある程度潜在的な需要を

知ることができます。

 

記事を読むターゲットの選定

記事を執筆する上で、どのような読者をターゲットにするかは非常に重要です。

ターゲットが明確になっていれば、より記事の内容も絞り込みやすくなります。

 

その結果、記事を読んでくれた読者が満足度を得られるコンテンツを

執筆しやすくなります。

 

例えばダイエットの記事を執筆するのであれば、紹介する商品の種類などによって

20代後半女性や30代前半女性などとターゲットが変わってくる可能性があります。

 

このブログであれば対象はブログアフィリエイトなので、ターゲットが

アフィリエイト初心者なのか、アフィリエイト経験者なのかでもターゲットは

変わってきます。

 

更に記事のターゲットを以下のように細分化することできます。

 

・まだアフィリエイトで全く稼げていない人

・アフィリエイトで月収1万円以下の人

・アフィリエイトで月収3~5万円程度の人

・アフィリエイトで月収10万円以上の人

 

などです。

いずれにしても記事の内容にあったターゲットを明確にしましょう。

 

ターゲット分析の詳細化

読者のターゲットが明確になると、より詳細なターゲットを絞り込むことが

可能になります。

以下にターゲット絞り込みの例を紹介します。

 

・ターゲットの性別

・年齢層

・職業

・収入額

・独身、既婚の違い

・日常の生活パターン

・読者の悩みなど

・知りたい情報は何か

 

上記の項目を考えていくことで、記事の書き方や内容もかなり異なってきます。

例として独身女性の場合と、既婚子供ありの女性の場合では、家庭環境がかなり

異なるため、それぞれ知りたい情報も全く異なってきますよね。

 

このように読者のターゲットをより絞り込むことで、結果として

ターゲットとしている読者以外からも良い評価を受ける可能性が高まります。

 

「どんな人に」、「伝えたい内容は何か」を考えることで、

必然的に記事ネタはいくらでも見つかるはずです。

 

記事執筆に当たっての自分のアドバンテージは?

自分は執筆する商品や情報に対してどのくらいの知識や経験があるのか?

記事執筆前にこの点を確認しておくことで、記事の執筆がとてもやりやすくなります。

 

また、文末の表現だけでも読者に著者の知識度が計れる場合があります。

「です、ます」調よりも、「そうだ、である」などの断定口調の場合には、

読者は著者がこの分野に関して知識が豊富だと感じる場合が多いはずです。

 

このような細かい点を決定する上でも前の項で説明したリサーチは非常に重要です。

 

紹介する商品やサービス内容の確認

記事を執筆する前に、まずは自分自身が紹介する商品やサービスの内容を

熟知する必要があります。

 

記事の著者自身が商品やサービスの内容が良く分からなければ、

濃い内容の記事を執筆するのは難しいと考えられます。

 

ふじもんもそうですが、新しい記事を執筆すると自分自身の知識が増えます。

結果、様々な情報やサービスに詳しくなり、自分にとってもプラスになると

感じています。

 

記事のタイトル選定

取りあえず記事を読んでもらう、この点を考えると記事のタイトルは最も重要です。

どんなに記事の内容が魅力的であっても、記事のタイトルに魅力が感じられなくては

記事の本文を読んでもらうことは難しいと思います。

 

記事のタイトルで読者に興味を持ってもらうことで、

初めて本文を読んでもらうことができるのです。

 

記事のタイトルを決定する上で重要になる主なポイントとしては

以下の要素があります。

 

・ベネフィット

・具体性

・興味性

・反社会性

 

上記の項目について順番に説明します。

 

ベネフィット

ベネフィットの意味は「読者にとっての利益」です。

記事のターゲットが、「この記事を読めば得な情報を得られる」と感じられる

タイトルにするということです。

 

例として、「アフィリエイトで稼ぐ方法」よりも、「アフィリエイトで最短で

稼ぐ方法」の方が読んでみたい気持ちを煽ると思います。

 

 

具体性

具体性は、より明確に読者に記事の内容をイメージさせることです。

特に数字を利用することでより具体的なイメージを与える効果があります。

 

先程例とした、「アフィリエイトで最短で稼ぐ方法」も、

「たった1ヶ月でアフィリエイトで10万円稼ぐ方法」の方が

より興味を持たせることができますよね。

 

興味性

興味性は読者へのインパクトと考えてもらえれば良いと思います。

記事の内容に対して、ある種のギャップを感じるタイトルは効果があります。

 

・瞬間冷却、真冬のクーラー利用法

・アクセル全開で燃費をアップするマル秘の方法

 

どちらのタイトルも、かなりのギャップがありますよね。

このようなタイトルは、内容を確認したいという人間の欲求を刺激します。

 

その結果記事を読んでもらえる可能性が高くなります。

 

反社会性

反社会性とは、秘密や第三者を批判するなどといった利用の仕方をします。

人間は誰しも他人の秘密には興味を持つものです。

 

反社会性はこの特性を利用する手法です。

例としては、

 

・マンション究極の非効率レイアウト

・住みにくい家のススメ

・○○の人に言えない秘密

 

などです。

 

ただし、利用の仕方を誤ると著者のイメージや人間性を疑われるなど、

自分のブランディングに影響を与える可能性がありますので、

十分な注意が必要となります。

 

文章構成

文章構成はタイトルの次に重要な部分です。

 

記事を書く前に、基本的な構成が出来ていれば非常にスムーズに

記事を書くことが可能です。

 

まず最初に大見出しを決定し、それぞれの小見出しを決定してから記事を書くことで、

書きやすく、かつ読者にも分かりやすい内容にすることができます。

 

読者が満足できるコンテンツの確保

このブログのようにアフィリエイトなどビジネス目的の場合には、

コンテンツの質と量も非常に重要です。

 

記事の内容が薄すぎたり、コンテンツの量が少なすぎる記事の場合には

リピーターを確保することは難しいと思います。

 

常にリサーチを怠らないことで、良質なコンテンツを確保することができます。

ライバルのブログをチェックするなど、日頃から情報収集を怠らないことが大切に

なってきます。

 

ムダに長い記事を書かない

コンテンツ量を気にするあまり、無意味に記事を長くするのも好ましくありません。

読者にも最後まで記事を読んだ後の満足感を与える事ができず、時間のムダだと

感じられてしまう可能性があります。

 

できるだけ分かりやすい内容にしつつも、良質なコンテンツを確保するだけの記事の

執筆スキルを習得するためには、それなりの記事の執筆数は必要になってきます。

 

常に記事を書くことで、徐々に記事を書くスキルは身に付いてきます。

 

記事の最後にはしっかりまとめる

それぞれの記事の最後には内容をおさらいし、しっかりまとめるようにしましょう。

読者に伝えたかったことは何だったのか?を明確にまとめるようにすれば、

記事の内容が伝わりやすくなり、結果としてリピーターの獲得に繋がります。

 

記事数の確保

いくら良質の記事を書いたとしても、ある程度の記事数は必要です。

10記事や20記事程度では全然足りません。

 

100記事以上執筆することで、ある程度は上手に執筆することができるように

なります。

 

日々の継続こそ力なり!です。

毎日記事を書くことが上達の秘訣だと思います。

 

まとめ

ここまで上手に記事を書く方法について紹介してきました。

 

ただ闇雲に記事を書くより、記事のタイトルや文章構成など、重要なポイントを

意識して記事を書くことで、間違いなくこれまでより読者をファン化することが

可能になります。

 

この記事が少しでも読者の皆さんの記事執筆の手助けになれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です