Youtubeアフィリエイト2018・収益化の条件と審査とは?

昨年はYoutubeに動画をアップして稼ぐ、「Youtuber」が随分話題になりました。

ヒカキンを初め、年間1億円以上〜数百万円稼いでいるYoutuberが

多数存在するのも事実です。

 

しかしその一方で、Youtube収益化の審査基準が変更されたことで、

新しくYoutubeアフィリエイトを始めたいと考える人には、Youtube収益化の

ハードルが高くなりました。

 

この記事では新しく変更されたYoutubeアフィリエイト収益化の条件について

詳しく紹介します。

 

Youtubeアフィリエイト・収益化の条件とは?

引用元:https://www.zakkiblog.net/entry/blog.syuueki

 

これまでYoutube収益化の条件としては、チャンネルを開設してからの

動画再生回数が1万回以上とされていました。

 

しかし2018年2月20日から、Youtubeパートナープログラムの参加基準が

変更になり、Youtubeアフィリエイト収益化の条件が厳しくなりました。

 

新しいYoutubeアフィリエイトの条件とは?

変更後のYoutubeアフィリエイトの条件は以下のようになっています。

 

・12ヶ月間の動画再生時間が4,000時間以上+チャンネル登録者1,000人以上

 

改正前のYoutubeアフィリエイト収益化の条件、総視聴回数1万回以上と比較して

みると、かなり厳しい条件となったことが分かります。

 

もはやYoutube収益化はできない?

単純に改正前と改正後のYoutube収益化の条件だけを比較してみると、確かに

Youtubeアフィリエイトを始める条件は厳しくなったと言えるでしょう。

 

しかし、長期的な視点で見ると、以前からYoutubeアフィリエイトをしていた

人にとっては歓迎される点もあると考えられます。

 

Youtubeアフィリエイト条件変更の理由とは?

今回のYoutube収益化の条件変更の理由には、Youtube側の「クリエイター保護」に

あると言われています。

 

Youtubeにはコピー動画や暴力動画、違法動画等が多数アップされています。

そのため、Youtubeはそのような質の低い動画を削除しています。

 

しかし、いくら違法動画を削除しても、常に新しい動画がアップされてくるため、

違法チャンネルは一向に減りません。

 

その理由は、そのような違法動画は視聴回数を稼げるからです。

つまり質の悪い動画が理由で、良質な動画をアップしているユーザーのアクセスが

減少しているとも考えられます。

 

今回のYoutubeアフィリエイト条件変更には、こういった違法チャンネルの排除と

良質な動画をアップしているユーザーの保護という目的があるようです。

 

Youtube側は、Youtube収益化の条件を厳しくすることで、

より一層良質なクリエイターが集まる事を期待しています。

 

まとめ

Youtube収益化の条件は、「12ヶ月間の動画再生時間が4,000時間以上

+チャンネル登録者1,000人以上」と変更前と比較して厳しい内容に変更されました。

 

これにより新しくYoutubeを始めようとする人のハードルはとても高くなりました。

しかし、通常のアフィリエイトと同様、中長期的な視点で考えると、厳しくなった

Youtube収益化の条件は決してクリア不可能ではないと思います。

 

Youtube収益化には時間が必要であることを認識しつつ、視聴者の役に立つ、

面白いと思える動画をコツコツとアップしていれば、必ずYoutube収益化は

実現するはずです。

 

一旦Youtube収益化の審査に合格すれば、アップした動画は

長期間に渡り、継続して収益を発生し続けてくれます。

 

このブログの読者の皆さんも、長期的な視点で考えて、Youtubeアフィリエイト

に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です